矢田石材店の最新情報配信BLOG

お墓職人がつくる墓石専門店

日別: 2020年9月2日

刈谷市、岡崎市でお墓づくり

おはようございます。

矢田石材店の矢田です。

 

昨日は火曜日でした。

CBCラジオ『つボイノリオの聞けば聞くほど』
10:30頃~【お墓にかようび】に出演の日。
https://yatasekizai.com/media-3/

 

昨日は防災の日ということで、お墓の防災についてお話いたしました。

 

お墓の防災といえば地震対策がメインとなります。

まず地震が起こるとお墓はどうなるのか。

 

縦揺れの場合、お墓の一番上の石が飛びます。

過去の事例では1mほど飛んだという報告もあります。

 

そして横揺れが大きな地震の場合。

お墓は左右、前後に揺れます。

過去の文献や試験で得られた情報によれば、震度4程度でもお墓は倒れています。

とにかく一番上の石が落ちます。

 

グラッときただけでは倒れませんが、地震は揺れ戻しがあり、細かく揺れ幅があります。

力が加わった場合、逆に戻るときに、石が自らの重みに耐えられず倒れてしまいます。

このことを踏まえたうえで、どのような対策を行うかが重要です。

 

以前は石に穴をあけてステンレス棒などを通し、ガチガチに固定する方法が採用されていました。

しかし高層マンションや五重塔は揺れに耐える構造ではなく、揺れを逃がす、免振、静振という構造でつくられています。

現代のお墓は同じように、固定するのではなく、石と石の間に緩衝材を挟み、揺れを逃がす構造が主流です。

 

石材用に開発されたゲル状の緩衝材だと、一枚で100キロを支えることができます。

石の角それぞれに設置しますので4枚必要です。

無垢の石材が積み上げられる場合は、上の台座と下の台座の間にも挟み込みます。

メインの竿石の重量は概ね100キロ。

なので、4倍の安全率となります。

 

余談ですが、このゲル状の緩衝材は自動車工場の機械設備や医薬品をつくる工場でも使われています。

お墓の地震対策から始まった技術が、日本のモノづくりを支える工場を守ることに応用されています。

 

そしてお墓の地震対策でもうひとつ重要になるのが、内部の空洞をどうするか。

 

お墓はお骨を納める為、内側にお部屋が作られ空洞になっています。

過去、地震のあった地域の事例を研究すると、内側の空洞が崩れ、上の石が落ちて壊れていました。

このことから、空洞を構成する石が崩れないように金具で固定をします。

上下の石材に凸凹をつくり、石が落ちない工夫もします。

 

前提として基礎工事を正しく行うことも重要です。

緩んだ土の上に設置した場合、いくらゲルを挟んでも、金具で固定しても、下から崩れてしまいます。

車にエアバックがあるからシートベルトしなくても良いという方はいないように、お墓の地震対策も様々な方法を合わせて成し得るものです。

 

災害などでお墓が壊れますと、修繕に必要な金額は予防の何倍もの費用が必要になります。

もちろんご予算の許す限りとは思いますが、お墓をつくる際はどうぞご参考下さい。

 

さてここからは昨日行われましたお墓づくりをご紹介。

 

職人たちは刈谷市、岡崎市、豊田市の墓地へ伺いました。

こちらは刈谷市の墓地造成工事風景。

和型墓石がズラッと並びました。

その背には洋型墓石も。

順調に組み上がっています。

完成を楽しみにしていてくださいね。

 

続いては岡崎市の地域墓地でお墓の基礎づくり。

まずは穴掘りです。

きれいに掘り終えました。

砕石を敷き詰め、機械で叩き地盤を固めます。

墓所の構造に合わせ、木枠と鉄筋を配置します。

コンクリートを流し込み、水平に均します。

工事終了です。

次回は外柵の設置、そして墓石の建立となります。

完成を楽しみにしていてくださいね。

そしてお伺いしてのお打合せは名古屋市、平和公園墓地、碧南市、西尾市へ。

ご来店は岡崎本店。

皆さまお時間をいただきまして、誠にありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さてここからは本日のお墓づくりの予定です。

 

職人たちは昨日に引き続き刈谷市の寺院さま墓地へ。

そして西尾市の地域墓地へ。

新しくお墓工事が始まります。

 

お伺いしてのお打合せは岡崎市で。

 

今日もにぎやかな一日になりそうですね。

故人が喜ぶ明るく元気なご供養の為、お墓づくりに精進します。

感謝


お墓づくりを行う前に、ぜひ御一読を

『心が強くなるお墓参りのチカラ』

矢田が書いた本です。

詳しい本の御案内はこちらから
→ http://haka.yatasekizai.com/media/chikara.html

インターネットの本屋さん「アマゾン」でも販売しています。
⇒『心が強くなるお墓参りのチカラ』


お墓職人がつくる注文墓石専門店   矢田石材店

フリーダイヤル通話料無料  0120-336-772 (岡崎・西尾・豊川 共通)

岡崎本店 愛知県岡崎市大平町字南田潰28‐1
電話    0564-73-2018
ファックス 0564-73-2058
ご参考→https://yatasekizai.com/access/showroom/

 

西尾展示場 愛知県西尾市徳次町明大寺22-1
電話    0563-65-0773
ファックス 0563-65-0773
ご参考→https://yatasekizai.com/access/nishio/

 

名古屋店 愛知県名古屋市名東区平和が丘2-213
電話    052―768―6620
ファックス 052―768-6647
ご参考→https://yatasekizai.com/access/nagoya/

名古屋店フリーダイヤル 0120-928-014

 

豊川稲荷前展示場 愛知県豊川市旭町15-1
電話    0533-95-9902
ご参考→https://yatasekizai.com/access/toyokawa/

 

営業時間  月~土曜日:8:00~18:00/日曜・祝日:9:00~17:00
※名古屋店は水・木曜は定休日です。
※西尾展示場・豊川稲荷前展示場は自由見学なのでいつでも開いています。

私たちの行動指針=
「自慢したくなるような【誇りあるお墓】をお施主さまと一緒につくる」

お墓づくり情報満載のホームページ→ https://yatasekizai.com/
e-mail: info@yatasekizai.com

矢田石材店BLOG © 2015 tuned by BANDAI
上に戻る