矢田石材店の最新情報配信BLOG

お墓職人がつくる墓石専門店

日別: 2018年9月5日

台風

おはようございます。

矢田石材店の矢田です。

 

台風でした。

酷い風でしたね。

矢田家も停電いたしました。

展示場は対策を施し閉鎖。

関西の被害をテレビなどで拝見すると、私たちはまだマシだなと、心から思います。

 

今日は各所の復旧と、墓地への工事に出かけます。

そして工事途中であった墓所へ、状況の確認に行こうと考えています。

完成しているお墓に被害はないと思うのですが、施工中のお墓は少し心配です。

もし、ご自身でお墓をご覧になられて、おかしなことになっていたらご連絡下さい。

優先的に伺います。

電話→ 0120‐336‐772

宜しくお願い致します。

 

さて、そんな最中ではありますが、昨日は火曜日です。

CBCラジオ『つボイノリオの聞けば聞くほど』
10:30頃~【お墓にかようび】に出演の日。

→ http://www.yatasekizai.com/media/

 

台風でも放送は休みません。

というか、むしろ災害時ほど、ラジオは頼りになるメディア。

スタジオ内はいつも以上に緊張感のある雰囲気でした。

その中で、リスナーさんからのご相談にお応えいたしました。

 

ご相談内容は、抜粋して以下の内容です。

 

「私は新潟から愛知県に就職し、地元出身の妻と結婚しました。

結婚後は核家族で、妻の実家の人たちとは日常が別でした。

血縁の無い自分が、死後、他人が押し掛けるようにこの墓に入るよりは、自分の実家の墓に骨を埋めるのが自然かな、でも、子供たちとは一緒が良いし、とか色々思いました。

嫁ぎ先で、多くの女性はこんな風に感じているのかもと思いました」

 

というご相談です。

そして、私のご返答は、

 

「状況を詳しくお聞き出来ないので、頂いた情報だけで判断させて頂きます。

ご相談の趣旨としては、ご自身が入られるお墓について、どの選択が良いか、迷われているというお話ですね。

このような場合、選択肢は一般的に3つございます。

 

まずは、ご実家を離れて暮らされていますから、跡取りさんである、無しに関わらず、ご自身と奥様、そしていつかはお子さん達も入られるであろう、自分たちのお墓をつくるという選択。

もう一つが、ご本人も意識されていますが、新潟のご実家のお墓に入るという選択。

ただ、この場合は跡取りさんであるということが前提になります。

もし、ご兄弟で別の方が継承者となられていた場合は、

「今更何を・・・・」

と言われてしまう場合もあります。

周りの方とのご関係を考慮して判断して下さい。

 

そして3つ目の選択肢といたしましては、(奥様のご実家のお墓も一緒に守るという前提が付きますが)今住んでいる生活環境がある地域のそばにあるという、奥様のご実家のお墓に入れてもらうという選択です。

 

どの場合も、実際の家庭環境やご親戚の方々との関係性が分からないので、良好であると仮定してのお話です。

 

それで、私どものお奨めといたしましては、ご自分と奥様が初代となるお墓を新たにつくることです。

もし仮に、遠方のご実家のお墓で眠られた場合は、お子様たちご家族がお墓参りに行きにくくなります。

疎遠であったのであれば、なおさらです。

奥様のご実家のお墓に入るという場合も、奥様のご兄弟、ご親戚がいらっしゃる場合、出過ぎた真似をとなってしまうかもしれません。

 

ご自分の家族を中心にお考になるのであれば、今の生活圏の近くに墓地を購入しておいて、

「自分が死んだら墓を建てて祭ってくれ」

と、お子さん達にお金を残してあげることでしょうね。

いずれの場合も、ご自身がお亡くなりになった後、お墓に入れてくれるのは奥様かお子さまです。

今の内からしっかりと良好な家族関係を構築しておいて下さい。

それが出来ていれば、大概何とかなります」

 

こんな返答を致しました。

ご参考ください。

 

さて、本日の予定です。

お伺い致しますのは豊橋市、湖西市、岡崎市の墓地。

墓石の建立工事を行います。

 

お伺いしてのお打合せは豊田市へ。

午前、午後と岡崎本店にご来店の予約を頂いてます。

そして展示場の復旧。

ご来店までに終わればいいのですが・・・・。

 

色んな意味で、今日もにぎやかな一日になりそう。

故人が喜ぶ明るく元気なご供養の為、お墓づくりに精進します

感謝


お墓づくりを行う前に、ぜひ御一読を

『心が強くなるお墓参りのチカラ』

矢田が書いた本です。

詳しい本の御案内はこちらから
→ http://haka.yatasekizai.com/media/chikara.html

インターネットの本屋さん「アマゾン」でも販売しています。
⇒『心が強くなるお墓参りのチカラ』


お墓職人がつくる注文墓石専門店   矢田石材店

フリーダイヤル通話料無料  0120-336-772 (岡崎・西尾 共通)

岡崎本店 愛知県岡崎市大平町字南田潰28‐1
電話    0564-73-2018
ファックス 0564-73-2058
ご参考→http://yatasekizai.com/access/showroom/

西尾展示場 愛知県西尾市徳次町明大寺22-1
電話    0563-65-0773
ファックス 0563-65-0773
ご参考→http://yatasekizai.com/access/nishio/

名古屋店 愛知県名古屋市名東区平和が丘2-213
電話    052―768―6620
ファックス 052―768-6647
ご参考→http://yatasekizai.com/access/nagoya/

名古屋店フリーダイヤル 0120-928-014

営業時間  月~土曜日:8:00~18:00/日曜・祝日:9:00~17:00
※名古屋店は水・木曜は定休日です。
※西尾展示場は自由見学なのでいつでも開いています。

私たちの行動指針=
「自慢したくなるような【誇りあるお墓】をお施主さまと一緒につくる」

お墓づくり情報満載のホームページ→ http://yatasekizai.com/
e-mail: info@yatasekizai.com

矢田石材店BLOG © 2015 tuned by BANDAI
上に戻る