矢田石材店の最新情報配信BLOG

お墓職人がつくる墓石専門店

日別: 2018年6月27日

豊田市、岡崎市で墓石工事

おはようございます。

矢田石材店の矢田です。

 

昨日はは火曜日でした。

CBCラジオ『つボイノリオの聞けば聞くほど』
10:30頃~【お墓にかようび】に出演の日。

→ https://www.yatasekizai.com/media/

 

ついに、豊川の新しい展示場の告知を行いました。

新しい展示場です。

と言ってもこれからつくるのですが。

 

実は今年の9月、豊川市に新しくお墓の展示場をオープンさせる予定です。

豊川の展示場は、西尾と同じく自由展示場にする計画。

基本的には何時でも、誰でも、自由に墓石をご見学頂ける展示場に致します。

 

展示場の場所は、「豊川稲荷」の目の前です。

豊川駅から稲荷さんへ向かう商店街の中にあります。

豊川稲荷交差点角の「穂の国本舗」という和菓子屋さんと「藤井屋」という鰻屋さんの間になります。

まだ更地で何も出来ていません。

なので、気の早い方がお越し下さっても、何もないです。

完成報告をお待ち下さい。

 

ここで少し豊川稲荷さんの話をお伝えいたします。

豊川稲荷は神社でなくて、お寺ということをご存じでしょうか?

正式には、円福山豊川閣妙厳寺(えんぷくさんとよかわかくみょうごんじ)という曹洞宗の寺院。

境内に祀られている鎮守(ちんじゅ)の稲荷が有名です。

昔から「豊川稲荷」と言われています。

神社ではないのに、境内の参道には鳥居があり、商売繁盛の神さまとしても全国的に知られています。

 

余談になりますが、矢田は自衛隊時代に豊川駐屯地で勤務していた経験があります。

弊社社員の元自衛官も何人か豊川駐屯地の出身です。

現在も豊川市内に住んでいる者もいて、豊川市は元自衛官が多い矢田石材店のふるさとともいえる場所なのです。

 

お仕事でも、7年ほど前に豊川稲荷の石造物を地震対策させて頂きました。

本殿前の石灯篭を修繕致しました。

そんな施工実績もありましたので、不動産屋の話では、申請がスムーズだったと聞いています。

※展示場になる場所が豊川稲荷の土地になのです。

 

展示場の雰囲気につきましては、豊川稲荷の商店街は門前町なので、和を意識した展示場にしたいと考えています。

もちろん、展示の墓石は伝統的な和型墓石だけではなく、洋型墓石やデザイン墓石も計画しています。

ただ、全体的な雰囲気として、日本庭園風の落ち着いた感じにしたいなあという希望です。

豊川稲荷はご参拝の方も多く、商売繁盛にもあやかって、この場所に展示場の新設を決意しました。

9月のお彼岸あたりを目途にオープン致します。

詳細が決まってきたら、改めてお伝えいたします。楽しみにお待ち下さい。

 

それで、求人の話です。

今お伝えした豊川展示場で土陽、日曜日にお店で働いて下さる方を募集しています。

仕事の内容はお越し下さった方のご案内や、展示墓石のおそうじです。

細かいことはご連絡下さったときにお伝えします。

電話番号はフリーダイヤルで0120‐336‐772です。

繰り返します → 0120‐336‐772 となります。

担当、矢田リエさんまでお願い致します。

 

豊川店の完成まで待てないよという方は、遠慮なく岡崎本店へお越し下さい。

豊川でのお墓づくりは、今でも普通に行っています。

→ https://yatasekizai.com/access/showroom/

 

さて、ここからは昨日行われましたお墓工事のご紹介。

お伺い致しましたのは岡崎の地域墓地。

和型墓石の建立工事を行いました。

20180627 (12)

コンクリートの基礎に下地をつくります。

20180627 (13)

墓石最下層の4つ石を設置。

20180627 (14)

組み終えた石材に補強金具を取り付けます。

20180627 (15)

ねじれの怒らないように、金具は上下2か所を固定。

基礎ともつなぐステンレス棒もセットします。

石製納骨室の中心は大地と直結。

砕石は綺麗な土に入れ替えられます。

表面は洗砂でほんのりお化粧。

大切な方のご遺骨を納める聖地。

ていねいにつくらせて頂きます。

20180627 (16)

続いて無垢の、台座石を積み上げます。

20180627 (17)

石材が上下に重なる部位には地震対策を施します。

中心には脱落防止の【要石】。

4隅にはゲル状の衝撃吸収材【安震はかもり】を配置。

バック材で四周を囲い、接着剤の結合強度を均一に高めます。

一つだけではなく、色々な施工方法を織り交ぜてお墓を守ります。

20180627 (18)

竿石をしっかり叩き込んで安定させます。

位置、傾き、バランスを微調整。

20180627 (1)

周囲を整え、石材と石材の継ぎ目をシーリングして工事終了です。

次回は仕上げ工事。

完成が待ち遠しいですね。

 

続きましては豊田市の地域墓地。

新しくお墓工事の始まりです。

20180627 (2)

こちらの墓所に新しくお墓をつくります。

右側のお墓もきれいにいたします。

20180627 (3)

まずは穴掘りからです。

20180627 (4)

掘り終えた溝に石製納骨室を配置。

周囲に砕石を敷き詰め、叩いて締めます。

20180627 (5)

墓所の構造に合わせ、鉄筋を組みます。

20180627 (7)

振動機を使いコンクリートを流し込みます。

20180627 (6)

表面を水平に均します。

20180627 (9)

既設のお墓をクリーニングいたします。

表面の汚れ落としです。

20180627 (10)

石積の外柵も洗います。

20180627 (11)

工事終了。

保護シートを被せ、次回の工事まで養生します。

完成を楽しみにしていて下さいね。

 

そしてお伺いしてのお打合せは湖西市、豊川市、そして地元岡崎市で。

午後から岡崎本店にお客さまがお越し下さいました。

皆さま、お付き合い下さり誠にありがとうございました。

引き続きどうぞよろしくお願い致します。

 

さて、本日のお墓工事予定です。

お伺い致しますのは西尾市の地域墓地。

和型墓石の再建工事を行います。

そして名古屋の市営八事霊園、儀長霊園へ。

岡崎の地域墓地へも伺います。

 

お伺いしてのお打合せは岡崎正墓地へ。

墓地のご計測&観測を行います。

午後からは岡崎本店で、お打合せのご予約を頂いてます。

 

今日もにぎやかな一日になりそうですね。

故人が喜ぶ明るく元気なご供養の為、お墓づくりに精進します

感謝


お墓づくりを行う前に、ぜひ御一読を

『心が強くなるお墓参りのチカラ』

矢田が書いた本です。

詳しい本の御案内はこちらから
→ http://haka.yatasekizai.com/media/chikara.html

インターネットの本屋さん「アマゾン」でも販売しています。
⇒『心が強くなるお墓参りのチカラ』


お墓職人がつくる注文墓石専門店   矢田石材店

フリーダイヤル通話料無料  0120-336-772 (岡崎・西尾 共通)

岡崎本店 愛知県岡崎市大平町字南田潰28‐1
電話    0564-73-2018
ファックス 0564-73-2058
ご参考→https://yatasekizai.com/access/showroom/

西尾展示場 愛知県西尾市徳次町明大寺22-1
電話    0563-65-0773
ファックス 0563-65-0773
ご参考→https://yatasekizai.com/access/nishio/

名古屋店 愛知県名古屋市名東区平和が丘2-213
電話    052―768―6620
ファックス 052―768-6647
ご参考→https://yatasekizai.com/access/nagoya/

名古屋店フリーダイヤル 0120-928-014

営業時間  月~土曜日:8:00~18:00/日曜・祝日:9:00~17:00
※名古屋店は水・木曜は定休日です。
※西尾展示場は自由見学なのでいつでも開いています。

私たちの行動指針=
「自慢したくなるような【誇りあるお墓】をお施主さまと一緒につくる」

お墓づくり情報満載のホームページ→ https://yatasekizai.com/
e-mail: info@yatasekizai.com

矢田石材店BLOG © 2015 tuned by BANDAI
上に戻る