矢田石材店の最新情報配信BLOG

お墓職人がつくる墓石専門店

岡崎市でお墓工事

おはようございます。

矢田石材店の矢田です。

 

昨日はありがたいことに、日中雨が上がってくれました。

職人たちは雨雲の隙をついて墓地へ。

無事にお墓工事を敢行できました。

 

こちらは工事風景となります。

まずは基礎工事。

こちらの墓地にお墓の基礎をつくります。

石仏様を移動し、内部の土をひと救いいたします。

内部のモルタルをはがし、基礎作りです。

石製の納骨室を配置し、周囲に砕石を敷き詰め、叩いて締めます。

鉄筋を組みます。

コンクリートを流し込み、水平に均します。

工事終了です。

シートを被せ次回の工事まで養生します。

続きましては和型墓石の建立工事。

まずは土台となる石材を設置します。

続いて墓石本体最下層となる4つ石を設置します。

組み終えた石材に補強金具を取り付けます。

ねじれの起こらないように、上下2か所を固定。

土台の石ともつなぎ、地震などの災害からお墓を守ります。

内部につくられた石製納骨室は大地と直結。

砕石は綺麗な土に入れ替えられます。

表面は洗砂でほんのりお化粧。

大切な方のご遺骨を納める聖地。

ていねいにつくらせて頂きます。

続いて台座石を据え付けます。

石材が上下に重なる部位には地震対策を施します。

中心には脱落防止の【要石】。

4隅にはゲル状の衝撃吸収材【安震はかもり】を配置。

バック材で四周を囲い、接着剤の結合強度を均一に高めます。

一つだけではなく、色々な施工方法を織り交ぜてお墓を守ります。

いよいよメインの竿石の設置です。

クレーンで吊り上げて運びます。

石材を叩いてゲルを安定させながら、位置、傾き、バランスを整えます。

石材と石材の継ぎ目をシーリングして工事終了です。

何とか無事にお墓工事を終えることができました。

お天道様に感謝です。

 

そしてお打合せで西尾市、名古屋市の寺院さまへ。

ご来店を岡崎本店に頂きました。

皆さま、お時間をいただきまして、誠にありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さてここからは本日のお墓づくりの予定です。

 

小牧市はなえみ墓園では、今週末ご案内会が行われます。

ご参考 → https://yatasekizai.com/

 

お伺いしてのお打合せで碧南市、名古屋市、一宮市へ。

ご来店予約を岡崎本店に頂いております。

 

今日もにぎやかな一日になりそうですね。

故人が喜ぶ明るく元気なご供養の為、お墓づくりに精進します。

感謝


お墓づくりを行う前に、ぜひ御一読を

『心が強くなるお墓参りのチカラ』

矢田が書いた本です。

詳しい本の御案内はこちらから
→ http://haka.yatasekizai.com/media/chikara.html

インターネットの本屋さん「アマゾン」でも販売しています。
⇒『心が強くなるお墓参りのチカラ』


お墓職人がつくる注文墓石専門店   矢田石材店

フリーダイヤル通話料無料  0120-336-772 (岡崎・西尾・豊川 共通)

岡崎本店 愛知県岡崎市大平町字南田潰28‐1
電話    0564-73-2018
ファックス 0564-73-2058
ご参考→https://yatasekizai.com/access/showroom/

 

西尾展示場 愛知県西尾市徳次町明大寺22-1
電話    0563-65-0773
ファックス 0563-65-0773
ご参考→https://yatasekizai.com/access/nishio/

 

名古屋店 愛知県名古屋市名東区平和が丘2-213
電話    052―768―6620
ファックス 052―768-6647
ご参考→https://yatasekizai.com/access/nagoya/

名古屋店フリーダイヤル 0120-928-014

 

豊川稲荷前展示場 愛知県豊川市旭町15-1
電話    0533-95-9902
ご参考→https://yatasekizai.com/access/toyokawa/

 

営業時間  月~土曜日:8:00~18:00/日曜・祝日:9:00~17:00
※名古屋店は水・木曜は定休日です。
※西尾展示場・豊川稲荷前展示場は自由見学なのでいつでも開いています。

私たちの行動指針=
「自慢したくなるような【誇りあるお墓】をお施主さまと一緒につくる」

お墓づくり情報満載のホームページ→ https://yatasekizai.com/
e-mail: info@yatasekizai.com

矢田石材店BLOG © 2015 tuned by BANDAI
上に戻る