矢田石材店の最新情報配信BLOG

お墓職人がつくる墓石専門店

岡崎市、阿久比町で墓石工事

おはようございます。

矢田石材店の矢田です。

 

墓地も暑いですが、山も暑いですね。

昨日、岡崎の採石場数カ所に行ってきました。

暑いですね。

 

さすが、山。

 

普通、山登りとかって涼し気なイメージしますよね。

でも、石を切り出しているので、緑が少なく、岩盤の照り返しがキツイ。

働く皆さまも真っ黒です。

うちの職人たちも黒いですが、その比ではありませんね。

負けました。

 

こういった方々の努力があって、はじめてお墓の材料として石材を使うことが出来る。

どんな仕事でも同じですが、華やかな表舞台があれば、必ずそれを支える厳しい源流がある。

私たちは石をもっと大切に扱わないといけないと、改めて感じました。

日々精進ですね。

 

さて、そんな石を使って魂を込める仕事。

お墓づくりです。

昨日は地元岡崎市の寺院さま墓地に伺いました。

お墓の再建工事です。

20170721 (4)

修繕された外柵を再設置。

20170721 (5)

こちらは新しくつくられた石製納骨室。

中心部にご換骨されています。

20170721 (6)

新調された芝台を設置。

20170721 (7)

台座石を設置します。

20170721 (8)

上台、竿石と続けて据え付けます。

20170721 (9)

お墓の周辺をきれいに整えます。

20170721 (10)

工事終了です。

あとちょっと細かいところを仕上げて完成です。

墓所内での移転を含めた【お墓の整え】。

素敵なお仕事でした。

 

続きましての墓地も、同じく岡崎市内。

こちらは市営墓地での外柵設置工事です。

20170721 (11)

ブロックの枠内を区切る石材を設置致します。

20170721 (12)

据え付けられた石材同士をステンレス製金具で固定します。

基礎のコンクリートともにつなぎ、地震などの揺れから守ります。

20170721 (13)

石製納骨室を配置し、周囲に鉄筋を組みます。

20170721 (14)

振動機を使いながらコンクリートを流し込みます。

20170721 (15)

表面を固めながら、コテで水平に均します。

20170721 (1)

石材と石材の継ぎ目をシーリングして工事終了です。

次回はいよいよ墓石本体の設置工事となります。

外柵、墓石と同じ石でつくられた素敵なお墓。

完成が楽しみですね。

 

続いては工場での石材加工風景。

工場での加工も激しく暑い。

でもまあ、水と扇風機が使えるので、墓地よりは心地よいかも・・・。

20170721 (2)

台座石を削り、水垂れをつくっています。

20170721 (3)

石材に穴をあけます。

まあ、どちらも楽な仕事ではありませんね。

素敵なご供養目指してがんばります。

 

そして昨日は知立市へお伺い。

お墓づくりのお打合せを行いました。

 

さて、本日のお墓工事です。

お伺いいたしますのは名古屋の市営墓地。

和型墓石の建立工事を行います。

そして西尾市の地域墓地。

こちらでも和型墓石の建立工事を行います。

 

お伺いしてのお打合せは蒲郡市、阿久比町、そして地元岡崎市。

全て寺院さまでのお打合せです。

 

今日も熱い一日になりそうですね。

故人が喜ぶ明るく元気なご供養のため、お墓づくりに精進します。

感謝


お墓づくりを行う前に、ぜひ御一読を

『心が強くなるお墓参りのチカラ』

矢田が書いた本です。

詳しい本の御案内はこちらから
→ http://haka.yatasekizai.com/media/chikara.html
インターネットの本屋さん「アマゾン」でも販売しています。
⇒『心が強くなるお墓参りのチカラ』


お墓職人がつくる注文墓石専門店   矢田石材店

フリーダイヤル通話料無料  0120-336-772

岡崎本店 愛知県岡崎市大平町字南田潰28‐1
電話    0564-73-2018
ファックス 0564-73-2058

名古屋店 愛知県名古屋市名東区平和が丘2-213
電話    052―768―6620
ファックス 052―768-6647

営業時間  月~土曜日:8:00~18:00/日曜・祝日:9:00~17:00
※名古屋店は水・木曜は定休日です。

私たちの行動指針=
「自慢したくなるような【誇りあるお墓】をお施主さまと一緒につくる」

お墓づくり情報満載のホームページ→ http://yatasekizai.com/
e-mail: info@yatasekizai.com

矢田石材店BLOG © 2015 tuned by BANDAI