矢田石材店の最新情報配信BLOG

お墓職人がつくる墓石専門店

Month – 9月 2017

豊田市、名古屋市で墓石工事

おはようございます。

矢田石材店の矢田です。

もう9月が終わりますね。

感覚的になんだかお盆あたりからあっという間でした。

お盆が慌ただしいのは毎年のことですが、その後も【墓石見学会】×2【お墓の相談会】を開催。

社外イベントで【エンディング産業展】に参加。

そして秋のお彼岸を迎え、西尾展示場のオープンに向け奔走しています。

これだけの仕事になってくると、一人では到底できるわけもなく、仲間がいてくれて本当にありがたいです。

そういえば、前述の【エンディング産業展】で初お披露目した【蓮の折り紙】。

最近になって、チラホラ売れ始めています。

元々は自社のお客さま向けに開発した商品。

同供養を仕事とする方々に受け入れられて、少しうれしく思います。

今後、どんな展開をして行くか変わりませんが、10年後に墓石屋ではなく折り紙屋になっていることだけはないと思います。

本業第一主義ですから。

というか、お墓の仕事しかできません。

 

さて、ここからは昨日行われましたお墓工事風景のご紹介。

お伺い致しましたのは豊田市の地域墓地。

和型墓石の設置工事を行いました。

20170930 (6)

まずはコンクリートの基礎に下地をつくります。

20170930 (7)

一枚石の頑丈な芝台を設置いたします。

20170930 (8)

芝台とコンクリートをつなぎます。

20170930 (9)

芝台の上には墓石最下層の4つ石を設置。

20170930 (10)

4つの石を組み、補強金具を取り付けます。

20170930 (11)

ねじれの起こらないように上下2か所を固定。

芝台とも固定して、地震などの災害からお墓を守ります。

20170930 (12)

続いて中台を設置します。

ここから上は無垢の石材の積み上げとなります。

20170930 (13)

石材が上下に重なる部位には地震対策を施します。

中心には脱落防止の【要石】。

4隅にはゲル状の衝撃吸収材【安震はかもり】を配置。

バック材で四周を囲い、接着剤の結合強度を均一に高めます。

一つだけではなく、色々な施工方法を織り交ぜてお墓を守ります。

20170930 (14)

今回の工事はここまで。

メインの竿石は後日設置予定。

楽しみにお待ちください。

 

続きましては名古屋市の平和公園。

寺院さまの墓地で、墓石の再建に伴う芝台の再設置工事を行いました。

20170930 (15)

コンクリートの基礎表面を荒らし、下地をつくります。

20170930 (16)

再加工された石材を設置します。

20170930 (17)

設置された石材には補強金具を取り付けます。

基礎ともつなぎ、地震などの災害に備えます。

20170930 (18)

内部に石製納骨室を配置し、周囲に鉄筋を組みます。

20170930 (19)

振動機を使いながらコンクリートを流し込みます。

20170930 (20)

コテを使い表面を固めながら水平に均します。

20170930 (21)

石材と石材の継ぎ目をシーリングして工事終了です。

20170930 (22)

次回の工事までシートを被せ養生します。

この後は再建が控えています。

その前に墓石を修繕。

しっかりと準備して次の仕事に備えます。

楽しみにお待ちください。

 

続いても同じく平和公園の墓地。

こちらはお墓の解体・移動工事です。

20170930 (23)

ご覧のお墓を解体いたします。

20170930 (24)

重たい石材は転がしながら運びます。

20170930 (25)

お墓の中のお骨を上げさせていただきます。

20170930 (1)

きれいな更地に戻しました。

今まで多くの語らいが、墓前で繰り広げられてきたことと思います。

お疲れさまでした。

ゆっくりとお休みください。

 

その役割を終えるお墓もあれば、これから始まるお墓もあります。

ということで、完成したお墓のご紹介です。

場所は豊田市の地域墓地。

20170930 (2)

豊田の花沢石でつくられた素敵なお墓。

20170930 (3)

お施主様の手により、お墓をお守りするさらしが巻きつけられます。

20170930 (4)

カバーを被せ、開眼・納骨の日まで養生します。

お墓をつくる仕事はここで完了。

今後はお墓守として、改めてよろしくお願いいたします。

 

続きましては岡崎の市営墓地。

こちらは神道型の墓石完成です。

20170930 (5)

青空に生えるお墓。

実に美しい。

素敵なお墓づくりをありがとうございました。

お墓守として、末永くお付き合いくださいね。

 

続いては工場での石材加工風景。

20170930 (27)

自動研磨機が墓誌を磨いています。

20170930 (26)

上台の水垂を磨きます。

大きな面は自動研磨機、小さな面は手動研磨機。

場所、用途によって使う機械を使い分けます。

 

そしてお墓をつくるためのお打ち合わせの数々。

ご来店予約は岡崎で午前、名古屋店は午後に頂きました。

そして両店とも昼を中心にご来店が続きました。

岡崎では昼前からお墓づくり始まりの儀【石割式】が営まれました。

お伺いしてのお打ち合わせは岡崎市、豊田市、西尾市で。

相変わらずバタバタした一日でした。

皆さまありがとうございました。

 

さて、本日のお墓工事です。

お伺い致しますのは知多市。

市営墓地で墓石の解体・移動工事を行います。

ご来店は岡崎店、名古屋店、共に午前に集中しています。

お伺いして墓地のご計測・観測は豊田市で2件を予定。

今日もにぎやかな一日になりそうですね。

故人が喜ぶ明るく元気なご供養のため、お墓づくりに精進します。

感謝


お墓づくりを行う前に、ぜひ御一読を

『心が強くなるお墓参りのチカラ』

矢田が書いた本です。

詳しい本の御案内はこちらから
→ http://haka.yatasekizai.com/media/chikara.html
インターネットの本屋さん「アマゾン」でも販売しています。
⇒『心が強くなるお墓参りのチカラ』


お墓職人がつくる注文墓石専門店   矢田石材店

フリーダイヤル通話料無料  0120-336-772

岡崎本店 愛知県岡崎市大平町字南田潰28‐1
電話    0564-73-2018
ファックス 0564-73-2058

名古屋店 愛知県名古屋市名東区平和が丘2-213
電話    052―768―6620
ファックス 052―768-6647

営業時間  月~土曜日:8:00~18:00/日曜・祝日:9:00~17:00
※名古屋店は水・木曜は定休日です。

私たちの行動指針=
「自慢したくなるような【誇りあるお墓】をお施主さまと一緒につくる」

お墓づくり情報満載のホームページ→ http://yatasekizai.com/
e-mail: info@yatasekizai.com

矢田石材店BLOG © 2015 tuned by BANDAI