矢田石材店の最新情報配信BLOG

お墓職人がつくる墓石専門店

Date – 2017年5月19日

豊橋市の梅田川霊園でデザイン墓石の建立工事

おはようございます。

矢田石材店の矢田です。

今日も告知です。

不要な方はすっ飛ばして下さい。


5月13日(土)から始まっています。

そして、21日(日)までの9日間連続開催。

開始は午前9時。

午後の5時までです。

→ http://yatasekizai.com/news/post-7895/

今回も先回同様、キャラメルポップコーンを土・日曜日に振舞います。

名古屋店はご予約いただけたお客様にアイスクリーム!

お越し下さる前に是非ご予約のお電話を!

岡崎展示場直通電話 → 0564‐73‐2018

名古屋ショールーム直通電話 → 052-768-6620

さて、改めて見どころをお伝えしますね。

今回は3つのポイントを充実。

1.初めての方向けのご案内

2.好評!【お墓の整え方】個別相談会

3.故人の供養につながる具体的な行動

以上です。

細かく見ていきましょう。

まずは

『1.初めての方向けの案内を充実』

ベテラン職人達では気付きにくい、お客様目線のご案内。

新メンバーを中心に、ご案内の内容を改めて見直しました。

【分かりづらいことを分り易く】

【難しいことを簡単に!】

を合言葉にご案内いたします。

約一時間ほど頂ければ、お墓づくりのイロハをバッチリお伝え致します。

例えば、

・愛知県のお墓の特徴

・和型墓石のご紹介

・洋型墓石のスタンダード

・日本の石と海外の石の違い

・外柵の広さで変わるお墓づくりのコツ

・特殊なお墓(神道・五輪塔・納骨堂・仏塔・自然石)

・お墓の耐震構造

・石材加工の特色

・災害に強いお墓

・仕上げの違いによる劣化比較

・結合材による強度比較

をご紹介し、その上で弊社の特色を知って頂きます。

そして、

『2.好評!【お墓の整え方】個別相談会』

を今回も開催。

お墓を新しくつくるだけではなく、今あるお墓をより頑丈に長持ちさせる方法をお伝え致します。

ご親戚や家族の説得方法や、お寺のご住職にも聞きにくいお布施の話など、お墓だけではなく、ありとあらゆるご供養について諸々のご相談を承ります。

すでに具体的な考えや、お墓のご要望がある方にお薦めです。

・まずはじっくりお話を伺います

・墓所の特色を踏まえたご提案づくり

・家庭環境や将来を踏まえたアドバイス

・お参りの頻度で変わるお墓づくり

・遠方からの移転やお骨の引っ越し

・既設のお墓の片づけや整え方

・宗派や地域のしきたりを考慮したデザイン

などなどをお伝えいたします。

皆さまと一緒になって、どんなお墓をつくれば故人さまがお喜びになり、明るいご供養につながるのかを考えます。

お墓をつくるということは、石材というものを買う為ではなく、供養という行為を行っていく過程の一環。

その信念を持ちながら、皆様が最高のお墓づくりを行って頂けるよう、お手伝いを致します。

最期に

『3.故人の供養につながる具体的な行動』

について。

実はこれこそが最も大切。

お墓づくりにおける本質的な事柄。

供養とは何なのか、私たちに出来ることはどんなことなのか、一緒に考えながら、お墓づくりに活かします。

具体的な道具を使い、小さなお子さん達にもご供養を経験して頂けます。

ご期待ください。

ぜひ、会場でお会いしましょう!!

→ http://yatasekizai.com/news/post-7895/


長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

さて、お墓をつくる方々と矢田石材店をつなぐ意味合いを持つ墓石見学会。

ですが、時には別のつながりをもたらしてくれます。

それはお寺のご住職さま達。

墓石見学会以外の時にもお客さまがお越し下さいます。

お寺さまも同じく時々お越し下さいます。

ですが、やっぱり見学会の開催期間の方が、お越し頂ける確率は高くなります。

ありがたいですね。

新聞やラジオなどで告知してますからね。

いつも以上に目にも止まります。

そんなお寺さまとのつながりですが、元々はそんなに多くありませんでした。

弊社はそもそも、加工卸が専門の石材店。

取引先は町の石屋さんでした。

なので、お寺さまとのお付き合いはほとんどありませんでした。

色々あって、今ではエンドユーザーであるお施主さまに対して、直接お墓をつくります。

※元々の取引先である町の石屋さんとお寺さまは仲良しでした。

なので、敢えて私たちが横に入ることはしたくありませんでした。

しかし、時は巡って状況が変わりました。

お寺さまからは、

「元々付き合いのあった石屋さんが高齢で辞めてしまってね・・・」

といった感じで、止むに止まれずご相談くださいます。

今では直接的、間接的に継続してお手伝いさせて頂いている寺院さまは10ヵ寺を越えました。

手に余ることは出来ません。

これからも身の丈に合った仕事を堅実に行うだけです。

何かしら私どもの考えにご参同意頂けましたら、遠慮なくお声がけくださいね。

いつでもお待ちしています。

さて、売り込みもほどほどにして、ここからは昨日行われましたお墓工事のご紹介です。

お伺いいたしましたのは、豊橋市の市営墓地。
20170519 (2)

納骨室内部のご様子。

中心部は大地と直結しています。

大切なご遺骨を納めるお部屋です。

でいねいにつくらせて頂きます。20170519 (3)

フタを設置します。

骨壺のまま保管でも、土に還すことも出来るハイブリッド納骨室。
20170519 (4)

大きな天板を吊り下げて設置。

20170519 (5)

石材の傾きと位置を確認しながら、叩いて安定させます。

20170519 (6)

石材が上下に重なる部位には地震対策を施します。

中心には脱落防止の【要石】を設置。

4隅にはゲル状の衝撃吸収材【安震はかもり】を配置。

バック材で四周を囲い、接着剤の結合強度を均一に高めます。

一つだけではなく、色々な施工方法を織り交ぜてお墓を守ります。

20170519 (7)

要石の凸が石材底面の凹に収まります。

20170519 (8)

真球上の竿石を設置致します。

20170519 (1)

石材と石材の継ぎ目をシーリングして工事終了です。

次回、仕上げを行い完成の予定です。

そして墓地のご計測は西尾市へ。

次回のご提案など楽しみにしていて下さい。

さて、本日のお墓工事です。

お伺い致しますのは岡崎の市営墓地。

神道型の和型墓石の建立工事に伺います。

お伺いしてのお打合せは西尾市へ。

最近、西尾市(幡豆方面)、蒲郡市の南方の仕事が多いですね。

何かそういう時期なのでしょうか。

タイミングでしょうか。

ありがたい事には変わりありません。

お声がけ頂けるうちが華です。

故人が喜ぶ明るく元気なご供養のため、今日もお墓づくりに精進します。

感謝


お墓づくりを行う前に、ぜひ御一読を

『心が強くなるお墓参りのチカラ』

矢田が書いた本です。

詳しい本の御案内はこちらから
→ http://haka.yatasekizai.com/media/chikara.html
インターネットの本屋さん「アマゾン」でも販売しています。
⇒『心が強くなるお墓参りのチカラ』


お墓職人がつくる注文墓石専門店   矢田石材店

フリーダイヤル通話料無料  0120-336-772

岡崎本店 愛知県岡崎市大平町字南田潰28‐1
電話    0564-73-2018
ファックス 0564-73-2058

名古屋店 愛知県名古屋市名東区平和が丘2-213
電話    052―768―6620
ファックス 052―768-6647

営業時間  月~土曜日:8:00~18:00/日曜・祝日:9:00~17:00
※名古屋店は水・木曜は定休日です。

私たちの行動指針=
「自慢したくなるような【誇りあるお墓】をお施主さまと一緒につくる」

お墓づくり情報満載のホームページ→ http://yatasekizai.com/
e-mail: info@yatasekizai.com

矢田石材店BLOG © 2015 tuned by BANDAI